ふれあいグループ 看護部

ふれあいグループ

ふれあいグループについて

ふれあいグループ理念

「人を尊び、命を尊び、個を敬愛す」

その考えのもとに、保健・医療・福祉・教育を担当しそして、社会へ奉仕する事をめざすものです。

わたしたちは、すべての人々のしあわせに今、役立ちたいと願っています。

  1. やさしさと思いやりのある保健・医療・福祉・教育の実践
  2. 生命を全うしていただくための知識・技術の習得
  3. その人らしさと個別性を尊重し敬愛す

わたしたちは、理念の実践者になります

[図]

療養環境の良い複合施設群

ふれあいグループは、1970(昭和45)年、相模医院の開設によりスタートしました。 病院を中心とした介護老人保健施設、有料老人ホーム、高齢者住宅などを併設した複合施設群を整備し、地域の皆さまの健康づくりと福祉を担っています。
当グループは、7医療法人、1社会福祉法人、1学校法人による13病院、36施設、14診療所、総職員数約5,000名からなり、職員一人ひとりが互いに連携を強め、協力し合い、全職員が個々の努力と熱意と誠意を持って看護実践に努めています。
また、一人ひとりの看護・介護職員が「個性豊かで主体的な看護・介護の実践者」に成長して欲しいと願い、さまざまな現任教育プログラムを用意し、看護部本部での教育と各施設内教育との連携を深め、より質の高い組織的看護サービスを提供することを目指しています。