ふれあい平塚ホスピタル 看護部ふれあい平塚ホスピタル 看護部

2階病棟(障害者等・一般病棟)

生命の尊厳と人権を尊重し、安心・安全・安楽な思いやりのある質の高い看護・介護の提供をすることを目指します。

病床数は40床 稼働率100% 在院日数は長めなのでゆっくりしたかかわりの中での看護を提供しています。 フロアーは、個室16室、4人部屋4室 HCU1室で構成されています。

入院患者様の主な疾患は
慢性腎不全、水腎症、 骨折、頚部骨折、変形性脊椎症、糖尿病、脳出血・梗塞後遺症、細菌性髄膜炎後遺症、肺炎、イレウスなどです。

脳梗塞後のリハビリテーション・糖尿病看護・入院人工透析治療・肺炎や腸閉塞等の治療・看護を行っています。

年齢層は60歳~90歳であり、さまざまな複数の症状を抱えながらの治療になるのが特徴です。

医師・薬剤師・栄養士・検査技師・PT/OT/ST ケースワーカーが毎日病棟に来て、看護師と連携し合い、患者様の状態が早く改善されるように取り組んでいます。 長く入院生活を送られている患者様もいますが、回復されてきたら、在宅等への退院調整も取り組んでいます。

病棟職員[写真]
病棟職員

看護職・介護職はとても優しく、気配りのできるスタッフが多く、チームワークも抜群で、笑顔の絶えない職場です。 職員は患者様の笑顔やお話に励まされながら働いています。

胡蝶蘭[写真]
ナースステーションに飾ってある胡蝶蘭
花がたえることなく飾られています。
>広々、すっきりした廊下[写真]
広々、すっきりした廊下はまるでホテルのように、いつもきれいです。(6S活動の結果です)

病棟内は患者様がリハビリ目的で車いすや歩行器、杖で動いてもよいように廊下はいつもすっきり余分なものを置かないことが徹底されています。 長期間の入院をされている方もいますので、季節の行事の雰囲気を感じてもらえる取組みもしています。

>広々、すっきりした廊下[写真]
皐月といえば「こどもの日」季節をちょっと先取りして飾りました。
入院していても季節感って大事にしたいですね。(介護職とコラボレーション)