看護部の紹介

理念


方針

  1. 看護部の方針患者様の人権を尊重し個々のQOLの向上を図るよう支援する。
  2. 地域に貢献できる病院として療養環境を整え常に親切できめ細かなサービスと良質な看護で患者様への満足度を高める。
  3. 病院経営に参画し他施設・他部門との連携を強化し、経営の健全化、病院機能の円滑化を図る。
  4. 常に自己研鑽をして能力の啓発に努め専門職業人としての誇りと責任を持つ。

組織図・各部署の特徴

本館病棟
ベッド数 48床
看護基準 10:1
主な疾患 白内障・眼瞼下垂・慢性中耳炎・慢性副鼻腔炎・突発性難聴・急性扁桃炎・滲出性中耳炎
看護の特色 耳鼻咽喉科、眼科、総合診療科の病棟です。 眼科は週20件ほど、耳鼻咽喉科は週4~5件の手術があり、クリティカルパスを用いて決め細やかな看護を提供し、術後経過良好で退院されております。 人工内耳埋込認定施設であり、県内外から多くの患者様をお迎えして、入院から退院まで、安全・安楽に過していただける様援助しています。 また、本館3階病棟は静かな環境が人気です。
ページ上部へ戻る
外来
診療科 総合診療科・内科・眼科・耳鼻咽喉科・整形外科・皮膚科・脳神経外科・リハビリテーション科・小児科
専門外来・・・糖尿病・循環器・呼吸器・東洋医学・物忘れ・認知症
看護の特色 外来患者様は、生活の場が家庭であり、地域社会であるため、患者に関する治療上、看護上の情報が得難い特徴がありますが、健康維持に関する指導や身体の異常に対して、適切な治療・サービスを強く求めています。 駅に近く交通の便が良い当院外来では、限られた時間の中で個々のニーズに合った看護を提供出来る様努めています。
ページ上部へ戻る
手術室
看護の特色 手術室は2室あり、眼科、耳鼻科の手術を中心にペースメーカー埋込術等、合わせて年間1900件以上の手術を行っています。 周手術期の看護は、患者さまの手術に対する不安を軽減できるように術前訪問も行なっています。 また、安全で円滑な手術ができるように、技術の習得や機器類の管理、リスク感性を磨くことや、医師を含めた手術スタッフ間のコミュニケーション能力も大切だと考えます。 手術が万全の状態で行われるためには何が必要か、多角的な視点で考え、実践していくことが重要だと考えます。
ページ上部へ戻る
透析センター
ベッド数 15床
主な疾患 慢性腎不全 糖尿病性腎症 など
看護の特色 茅ヶ崎駅から徒歩5分と交通の利便性が高く、中央公園など緑に恵まれています。 センターは15台のベッドで、午前・午後の2クールに分けて透析治療を行っています。 穿刺待ち時間も少なく、市内送迎無料バス、専用無料ロッカーの利用、透析中は無料液晶テレビをご覧頂けます。 治療には、オンライン透析、腹膜透析、シャント造設、PTA(血管治療)治療など様々な取り組も行っています。 「健康な透析患者様」をモットーに患者様のライフスタイルに合った透析治療の提供に心掛けております。 観光・ビジネスなどの臨時透析も随時受付けておりますので、ご相談下さい。
ページ上部へ戻る