診療科案内

整形外科・リウマチ科

診療について

整形外科では、主に交通事故、労働災害、スポーツでのけが、日常生活での不慮のけが等、また、慢性疾患においては、脊椎、脊髄の病気として、椎間板ヘルニア、頸髄症、脊柱管狭窄症 等、関節の病気として、変形性関節症、関節リウマチ 等、高齢者の病気として、骨粗鬆症 等の疾患を対象とします。 個々の患者さんの状況に応じて、常に良質な医療を提供できるように努め、安心して治療に専念できる環境作りを目指します。

整形外科診療科長 相澤 智史

【主な手術内容】
  • 腰椎椎間板摘出術
  • 脊椎椎弓形成術
  • 脊椎固定術
  • 脛骨高位骨切り術
  • 人工関節置換術(股関節、膝関節)
  • 神経移行術、軟部腫瘍摘出術
  • 骨折観血的手術
  • 靭帯縫合・再建術
  • 膝関節鏡手術
  • 肩腱板縫合術
  • 観血的関節授動術
  • 腱縫合術
【リウマチ 特別診察】

当院にて、関節リウマチの専門である工藤先生の診察を受診できます。

診察日:火曜日午前、木曜日午後(16:00まで)

【脊椎 特別診察】

当院にて、脊椎の専門である埼玉医科大学整形外科・脊椎外科 髙橋名誉教授の診察を受診できます。

診察日:木曜日午前

担当医師紹介

相澤智史[写真]
相澤 智史
副院長
資格
  • 日本整形外科専門医
所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本肩関節学会
  • 日本骨折治療学会
  • 関東整形災害外科学会
宇都秀鈴[写真]
宇都 秀鈴
 
資格
  • 整形外科専門医
新井哲[写真]
新井 哲
 
所属学会
  • 日本整形外科学会
専門分野
  • 外傷一般
  • 変性疾患など
工藤 洋 (特別診察・リウマチ)
当院顧問/独立行政法人国立病院機構 相模原病院 名誉院長
経歴

昭和34年 東京大学医学部卒、昭和39年東京大学大学院修了

東京大学医学部整形外科教室勤務、東京都立墨東病院リウマチ科医長、国立相模原病院院長(現独立行政法人国立病院機構 相模原病院)院長を経て当院顧問へ

人工関節を専門にやっておりましたと同時に、関節リウマチの治療は約50年にわたる長年の経験を有しております。

非常勤医師 火曜日午前、木曜日午後(16:00まで)の診療を担当
髙橋 啓介 (特別診察・脊髄)
 
所属学会 埼玉医科大学整形外科・脊椎外科教授/昭和56年 金沢大学 卒 専門分野:脊椎、脊髄外
専門分野
  • 頚髄症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 骨粗鬆症性
  • 圧迫骨折など
資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
非常勤医師 木曜日午前の診療を担当
山田 敦久
 
専門分野
  • 外傷一般
  • 変性疾患など
非常勤医師 火曜日午前午後の診療を担当